【ダイビング漫画】ぐらんぶる1巻読んでみたよ♪ネタバレ注意!!

まずは無料でチェック♪

♪無料で試し読み♪

▽   ▽   ▽

“ebookjapan”をクリック

>>ebookjapan<<

「ぐらんぶる」で検索すればでてきます。

 

こんにちは管理人のクモスケです♪

実は管理人・・・・

 

大のダイビング好きです♪

 

そんな訳で今回はダイビング漫画の「ぐらんぶる」

 

を読んでみました

詳細は下で・・・

 

 

漫画「ぐらんぶる」は

ebookjapanで無料試し読みができます。

まずは無料でチェック♪

♪無料で試し読み♪

▽   ▽   ▽

“ebookjapan”をクリック

>>ebookjapan<<

「ぐらんぶる」で検索すればでてきます。

漫画概要

 

連載雑誌 goodアフタヌーン
連載開始 2014年5月~連載中
巻数 既巻9巻(2017年10月6日現在)
作者 井上堅二原作・吉岡公威作画
ジャンル 青年漫画・ギャグ漫画
お勧め度 ★★★★☆

 

舞台・1巻の登場人物

ダイビングサークル「Peek a Boo(ピーカブー)」

物語の中心となるサークル。略称は「PaB」。ほぼ飲みサークルで、ほとんど男性部員の為、お酒の飲み方は豪快そのもの。新入生の勧誘も男子にはかなり強引。しかしダイビングは真面目に取り組む一面を持つ。

北原 伊織(きたはら いおり)
伊豆大学機械工作科に入学した1年生が主人公
高校時代は男子校だった為、男子校ノリには飽き飽きしていた。
薔薇色のキャンパスライフを夢見て男女共学の伊豆大学に進学するも、強引な先輩たちに染められていく。
古手川 千紗(こてがわ ちさ)
伊織の同い年の従妹。同じく伊豆大学機械工作科の1年生の美人ヒロイン
将来はダイビングインストラクターになる夢をもっている。
久しぶりに再会した伊織とのやりとりは秀逸である。
今村 耕平(いまむら こうへい)
伊織の同級生。見た目は金髪のイケメンだが、妄想癖のある真性のアニメオタクでかつ変態。
常日頃キャラクターが描かれたTシャツなどの衣類を愛用している。
ダイビング未経験者で、伊織に騙されるかたちで「PaB」に入会させられる。
時田 信治(ときた しんじ)
3年生。「PaB」の会長。「グランブルー」でよく手伝いをしている。
角刈りマッチョの巨体の男性。酒が入ると常に裸族である。ダイビングに関しては真面目そのもので後輩の面倒見もよい。
寿 竜次郎(ことぶき りゅうじろう)
伊織と同じ学科の先輩で3年生。「PaB」のメンバーでサークルの幹部的立ち位置。
「グランブルー」でよく手伝いをしている。時田と同様飲み会でははっちゃけるが、ダイビングに関しては非常に真面目である。

ダイビングショップ「グランブルー」

古手川 奈々華(こてがわ ななか)
伊織の従姉妹で、千紗の姉。「グランブルー」の看板娘&インストラクターとして働いている。
美人でスタイルが良く性格も良いが、実はかなりのシスコン。対象である千紗にはばれていないが、それ以外の人物には周知されている

      古手川 登志夫(こてがわ としお)

伊織の義理の叔父で、千紗と奈々華の父。ダイビングショップ「グランブルー」の店長であり、甥である伊織を自宅でもある「グランブルー」の離れに住まわせている。

1巻あらすじ

大学進学を機に伊豆に引っ越してきた北原伊織
これから下宿先としてお世話になる叔父さんのお店ダイビングショップ「グランブルー」にやってきた。そこで伊織が見たのはスキューバダイビングをしている美女。
これからはじまる新しい生活に甘い出会いを期待しつつお店のドアを開けてみるとそこにいたのは酒を豪快に飲む全裸の男達。
驚いて逃げるがサークルの新人ゲットのチャンスと、全裸で追いかけてくるマッチョな男。
サークルの雰囲気には絶対染まらないと言いつつもあっという間に酒に飲まれ、野球拳に参加してしまいパンツ一丁になった伊織のもとに10年ぶりに再会をするイトコの「千紗」が帰ってきた。

1巻のネタバレ・感想

 

 

ダイビングというよりはギャグ漫画

 

ダイビング漫画だと思って読むとやけどをするかもしれません(笑)

 

いやダイビングの漫画なんですけどね。

 

舞台は上でもご紹介した通り、大学のダイビングサークルを中心に

 

すすんでいきます。

 

最後まで読んだ感想としては一言

 

腹筋が割れるくらい笑った!!

 

です。

 

大学進学のために伊豆のおじさんの家に居候させてもらう主人公の伊織

 

そこはダイビングショップだったのです。

 

そして本作の舞台であるダイビングサークル「PaB」

 

の活動拠点。

 

毎日繰り返される飲み会では屈強な野郎どもが

 

裸で酒を嗜む異様な空間。

 

伊織が初めてこの店のドアを開けたときに

 

見た酒盛りで野球拳をしている光景

 

すぐにドアを閉めてやり直したのも納得です(笑)

 

伊織は

「絶対にこのノリには染まりません」

 

と豪語しながらも、

 

数時間後にはパンツ一丁で飲む始末。

 

そこに帰宅してきた10年ぶりに会う

 

美人な従妹に軽蔑の目を向けられる。

 

久しぶりの再会も最悪の形でスタートしてしまいました。

 

そのあともまだまだ飲み会が続くのですが、

 

明日は朝、講堂に集まるのに遅刻する訳にはいかない。

 

早々に切り上げようとするも先輩につかまり帰れません。

 

優しい先輩、時田と寿が

 

絶対に遅刻しないようにしてやるという

 

言葉を信じ、、、

 

翌朝目が覚めると

 

そこは・・

 

講堂目の前!!

 

しかしパンツ一丁で酒瓶を抱いておきました。

 

集合時間まであと5分。

 

遅刻はしないが、ここで伊織は大切な何かをなくしたんだと思います(笑)

 

千沙とのやりとりが秀逸

授業が終わり

 

同じ教室にいた千沙に話かけるも、

 

「そんな恰好で話かけてこないで」

 

そりゃそうだなと気づいたが、

 

ふと気づく

 

「そういえば帰り道が全くわからない」

 

帰ろうとする千沙についていこうとするが、

 

拒否される

 

「従妹だよな?助け合いだろ」と

 

泣きわめく伊織

 

何を言うかと思えば、千沙に

 

「お前の着ているものをくれないか?」

 

普通に変態発言です(笑)

 

嫌がる千沙に対して、伊織が脅しをかける

 

「シャツをくれなかったら、俺とお前が一緒に暮らしているということを言いふらす」

と・・・・

 

この時の千沙反応がすごい好き!!

 

「脱ぐ・・・脱ぐから・・・」

 

「お願いします・・・家のことは言いふらさないでください」

 

と泣きながら答えました。

 

もう犯罪臭しかしません(笑)

 

序盤にしてこの会話の回し方は非常に素晴らしいものを感じました♪

漫画「ぐらんぶる」を無料でチェック

 ↓↓↓
「ぐらんぶる」と検索!!!!!